【ユーザー車検の費用って?車検が安くなるの?】誰でも車検が安くなる方法!

虚弱体質な夫
車検代、マジ恐怖


車の車検が高い。

けどどうやって費用を抑えればいいの?

今日はそんな方向けの記事を書いていました。

仕組みが分かれば出費をおさえることができますよね。
車検の仕組みが分からない方!
ぜひ読んでください。

車検=整備ではない!


車検を受けたけどすぐ故障した!
そんな話聞いたことないですか?

多くの方が勘違いをしていること!

実は車検=整備ではありません。

車検は2年に1度の点検なんです。

そのため、法定点検というものを別で受けなければいけません。

よく聞くのが1年点検、2年点検ですね。

この法定点検が整備をかねる本来の点検になります。

車検をお店にお願いする場合は車検代の内訳に法定点検が入ってるか聞きましょう。

ユーザー車検を受けて、法定点検のみ実施することも可能です。

・車検=整備ではない
・車検と法定点検は別
・法定点検のみ実施可能
ぼくはユーザー車検を受けて、法定点検のみを別にお願いしています。

そんなの頼みづらい!っていう方は最後のまとめまで飛んでくださいね。

車検費用の内訳を見てみよう!

車検代の見積もりを見て高い!って感じたことないですか?

そんな方は必見!
まず車検費用の内訳を説明します。

車検代の内訳
①車検基本料金(業者に支払う分)
②法定費用(絶対必要な分)自賠責保険料(2年)
重量税
印紙代
①+②=車検代総額

車検の費用は①車検基本料金+②法定費用を足したものです。

ということは①を自分ですれば支払う金額は法定費用分だけになります

の場合は普通車は陸運局、軽自動車は軽自動車検査協会へ自分で持ち込みします。
これがユーザー車検といわれるものです。

・自分で車を持ち込み
・車検は整備士の指示で自分で実施
・究極に安い!
・自分の時間で予約できる


新しい車はエコカー減税がついてます。
ぼくの車はステップワゴンハイブリッドでエコカー減税対象車です。
今年の9月に初めての車検がきます。

そこでぼくが支払う予定金額を算出するとこうなります。

車検代の内訳
テスター代2,000円
自賠責保険料(2年)21,550円
重量税0円(エコカー減税)
印紙代1,200円
車検総額24,750円

※2020年4月以降の金額で算出しています

嘘のような金額ですが本当の金額です。
新車の車検ほど安くなります。

お店にお願いすると、減税分は下げられないはずです

テスター代は陸運局の手前に必ずある予備検査場のことです。
実際に行ってみると、代行車検業者でいっぱい!
ここであらかじめ、検査に通るか通らないかの予備検査をしてくれます。

検査項目は車検と同じ内容を実施します。
車検に予約するときに場所をぐぐっときましょう。

・車検を受ける前に予備検査をする所
・車検場の手前に必ずある。
・ここで実施した内容を車検場で実施
・相場は1000円から3000円程度

 

自賠責保険料・重量税・印紙代って?

 

虚弱体質な夫
自賠責保険必要?
自賠責保険は強制加入です。
車を運転中、事故を起こした場合の人身保障になります。
・車検が受けれません
・運転すると警察に捕まります

 

自賠責保険保障内容

死亡による損害最高3000万円
後遺障害による損害最高4000万円
傷害による損害最高120万円


自賠責保険料は車種によって保険料が変わります。
会社に変えると安くなることはありません。
保険料額はどの会社も一律同じです。

知り合いに保険会社に勤めている方がいますか?
いるならお願いしましょう。

・どこの会社でも保険料自体は一緒
・車種によって保険料が変わる
重量税と印紙代については、陸運局・軽自動車協会で現金支払います。

エコカー減税の場合は免除になる場合があります。
13年・18年経過をしている車の場合は逆に加算。
先に自分の車の重量税を調べておくと良いですね。

ユーザー車検の申込方法

虚弱体質な夫
みんながつまずくとこ
ユーザー車検はまず、電話かネットで予約が必要です。
電話の場合は各県で違います。最寄りの陸運局へ問い合わせてください。
ネットは一緒なので載せときます。
おおまかな流れはこちら。
①車検日を自分で予約する
②近隣のテスター場をググる
(大体15分程度)

③必要書類を集める
④当日車検を受ける
(大体30分程度)
車検を受ける時は助手席に人は乗れません。

2人で車検場に行くときは1人車検場の待合室で待機します。
自分で揃えないといけないもの
自動車損害賠償責任保険証明書
(自賠責保険証 新旧2つ)
場所によってはテスター場で加入可能
車検証
納税証明書(忘れがち)
使用者の認印
納税証明書は再発行ができます。
普通車は県税事務所・自動車税事務所、軽自動車は市役所で手続きします。

各県で発行場所が異なるため、これも事前に電話で確認しましょう。

後の必要書類は車検場でもらえます。

車検をお願いするならどこがおすすめ?

ユーザー車検をする時間も勇気もない方はどこにお願いしようか迷います。
ぼくの経験上のお店の判断の仕方を載せておきますね。

※横スクロールできます。

ディーラー民間整備工場ガソリンスタンド車専門店
(オートバックス等)
車検専門店
(コバック等)
車検料金×△〜◎
アフター◯〜◎◯〜◎◯〜◎◯〜◎◯〜◎
特典ガソリン券・室内清掃ポイントキャッシュバック値段が安い
選び方ディーラーは
判断しずらい
特約店の看板がある
従業員が多い
整備中の車が多い
ハズレを引くと大変
車検をガンガン宣伝中
接客態度がいい
全体的に評判がいい
お店によっては高い
大手は明朗会計
明朗会計だから安心

※横スクロールできます。


実際に聞くのは苦手!っていう人は楽天が作ってるこのツールがおすすめ。

・店舗名
・自宅からの距離
・実際の口コミ
・参考車検価格
・ネット特典
・台車などの対応一覧   

まとめ!車検=整備ではないことを覚えておく

最初に話した通り、車検=整備ではありません。
車検は法律に基づいて受ける検査です。

整備をするには法定点検が必要!
これを踏まえてまとめると・・・

・新車から初めての車検
・法定点検先を見つけている
・とにかく安く済ませたい
・検索ツールで事前確認
・見積もりの内訳をきちんとみる
・特典を確認する
これを機に車検費用を見直して少しでも安くなるといいですね。
最新情報をチェックしよう!